乾燥肌は優しいスキンケアを心がけよう

乾燥しているときはバリア機能が低下して外部刺激に弱くなっているので、優しいスキンケアが大切です。刺激のある化粧品を使ったりすると炎症が起きてトラブルの原因になります。
ピーリングは古い角質を除去してニキビを予防する働きがありますが、乾燥肌が使用すると必要以上に角質をはがして乾燥がひどくなります。使用は避けましょう。
アルコールは水分蒸発を誘発して乾燥をひどくします。アルコール不使用が望ましいです。
過剰な洗顔は肌に存在する保湿成分を流して乾燥を進行させます。乾燥がひどいときは朝はぬるま湯洗顔、夜だけ洗顔料を使って洗います。

出典

おすすめ化粧水ランキング~美白効果・口コミを徹底比較~

思春期の頃から肌荒れが続いている

私は肌荒れが酷くて、とても悩んでいます。肌が荒れるようになったのはちょうど思春期になった辺りのことで、最初はあまり気にも留めていなかったのですが、酷くなっていく荒れ具合に段々と焦り始めたのです。
母親からスキンケア商品を借りて、肌荒れの改善に挑んだものですが、大した効果は見られず、思春期を過ぎた今になっても肌荒れはまだ続いているのです。
それでも思春期の時に比べればずいぶんとマシにはなったのですが、どうせなら完全に治って欲しいと思います。

年齢が出やすい手のケア

人目につきやすい手は年齢が出やすく、お手入れをしていないと老けた印象に見られがちです。
そのため日頃からハンドケアをすることをおすすめします。
私が手のために気を付けていることは、水を扱ったらきちんと水気を拭き取り、ハンドクリームなどで保湿をするように心がけています。この時にマッサージをしながらハンドクリームを塗ることで、シワの予防にもなっていると思います。
乾燥はシワの原因になるので、ハンドクリームをこまめに塗るだけでも、ずいぶんと見た目が変わってくるはずです。